2016年11月26日

伝統的工芸品

伝統的工芸品月間国民会議全国大会が福井県越前市で開催されています。

青森県の津軽塗から鹿児島県の本場大島紬まで36産地の工芸品を展示する「全国くらしの工芸展」、越前焼や博多人形、奈良筆、金沢箔など25の工芸品づくりが一流職人の手ほどきで体験できる「伝統工芸ふれあい広場」、次代を担う若手職人の作品を展示する作品展など、もりだくさんです。


kougei.png


fukui-2.png

平安からの装束 十二単の着付け体験はすぐ満員になってしまいましたが、日本のスゴ技が光る!そんな工芸品の発見に、お近くの方は立ち寄られてはいかがでしょうか?

経済産業省 生活製品課 伝統的工芸品産業室 Facebook



☆日本の伝統技能がんばれ!ブログランキング情報はこちら!

✨東亜和裁で趣味の和裁教室 始まりました✨(名古屋・盛岡、金沢・四日市のワークショップも!)
Ameba-own_02.png

ameba-aichan_02.png
アメブロでもワークショップ・講座情報 更新中!




ラベル:#伝統
posted by wasai at 10:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

べっぴん=別品=特別

朝のNHK連続ドラマ、べっぴんさんがスタートしました。
現代ではべっぴんと言うと美人の意味にとらえますが、別品=特別が由来。
「普通の品物とは違う」「特別によい品物」の意味として使われていた語で、優れたもの→優れた人→転じて美しい人を意味する言葉にも使われるようになったとのこと。

※「べっぴん」は、江戸時代に愛知県豊橋市にある「丸よ」という「うなぎ店の看板」の「別品」との表記によると、林先生も紹介していました。

これから、幼少時代の性格は少しおとなしかった「すみれ」さんが、針と糸で美しい刺繍を見せてくれるでしょうか。

H29年4月までの全151回。洋服・子供服のお話ながら、布地に命を吹き込むような裁縫のお仕事の話、楽しみですね。

beppin.jpg


NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」



☆日本の伝統技能がんばれ!ブログランキング情報はこちら!

✨東亜和裁で趣味の和裁教室 始まりました✨(名古屋・盛岡、金沢・四日市のワークショップも!)
Ameba-own_02.png

ameba-aichan_02.png
アメブロでもワークショップ・講座情報 更新中!



posted by wasai at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

着物ニュース・記者会見など

秋になり、いっそう着物でおでかけしたくなる季節になりました。お買い物、観劇、美術館・博物館、史跡巡り。、、映画やカフェに行くだけでもいいですね。

さて、ここ最近は着物のニュース・記者会見も多かった気がします。

福原愛選手 結婚報告会見

かわいらしくて、幸せいっぱいの微笑ましい会見でした。天才卓球少女としてちびっ子の頃から見てきた方は感慨深いでしょうか?リオ・オリンピックでの女子団体銅メダル獲得の活躍や苦労を経て、今回こうして晴れやかに「総絞りの振袖」の姿の会見を見ることができて、嬉しい気持ちですね。この振袖については、絞り着物の超有名メーカー「藤娘きぬたや」さんによると聞いて、納得です。百花繚乱の花を緻密・膨大な数の絞り(括り)と多色の染め分けで表現、クオリティの為に手間を惜しまず技を注ぎ込む日本のワザを感じるお着物です。


歌舞伎俳優 片岡愛之助、藤原紀香さん ご結婚

京都の上賀茂神社での結婚式、正統な紋付袴と白無垢の和装姿、やっぱりいいなぁと見入ってしまいます。藤原紀香さん、以前に雑誌「美しいキモノ」で着物作りの職人にスポットをあてた連載も担当されていました。

伊調馨選手 国民栄誉賞の記念品は「着物」を…
受賞決定のニュース、最近ではこちらが一番気になりました。

会見より→「五輪に4度出場させていただき、また世界に出る機会が増えると思う。そうした際、日本女性の誇りである和装を伝えたいと、この年になって思うようになったので、お着物をおねだりできたら…」

偉業を成し遂げながらもとても控えめで丁寧に、そしてしっかりとした思いのある会見には、オリンピックで金メダル獲得した時よりもさらに、応援したくなった方も多いのではないでしょうか。メディアが少し苦手だったそうですが、これからの役割を果たさなければ、の決意もあった気がします。

その国民栄誉賞の表彰式は、まもなくの10月20日とのこと。

以下は、勝手な想像なのですが、振袖だとして京友禅なのか?本加賀なのか?福原愛選手と同じく総絞り??紅型で絵羽とかもレアでいいかも。いや、青森県のご出身につきまさかの「こぎん刺し」、いやいや青森の八戸ならばこぎんでは無く南部菱刺(なんぶひしざし)とか?、、、でもどちらにしろ刺し系は普通は無い、のです。(もともと防寒由来の菱形模様の刺しには独特の風情・幾何学的デザインなどの魅力あるものの、華やかなフォーマル商品ではまず見かけ無いのが通常ですものね)
でも、どこかにワンポイント入れてくれたら、と勝手な期待。
あらためて、オリンピック個人種目4連覇の女性選手は、オリンピックの長い歴史上 初めて!の快挙。これまで個人種目の4連覇は世界で過去3人のみ(男性)で、ちなみにその一人がカールルイス。そして伊調選手が史上4人目で、女性として史上初=世界初のスゴさ。世界で戦ってきたご本人のおっしゃられた「日本女性の誇りである和装」という言葉からの着物、そしてこの偉大な選手が生誕した地の日本の伝統技能・技とをぜひ組み合わせて欲しいなぁ、と。
でも、どんなお着物でも、とにかく楽しみです!!


あと、もうひとつ着物ニュース。東京都知事の小池百合子さん、リオの閉会式で自前のお着物が雨でびしょ濡れになってしまった件、その後、洗い張り(着物を全部ほどいて洗い、板張りして陰干しして端縫い=反物の状態につなぐ)して仕立て直し、まではしなくても、丸洗いのお手入れで大丈夫だった、良かったねのプチニュースもありました(笑)

※全国和裁技能コンクールにて、東亜和裁の出場選手 東京都知事賞 受賞させていただいております。

☆日本の伝統技能がんばれ!ブログランキング情報はこちら!

✨東亜和裁で趣味の和裁教室 始まりました✨(名古屋・盛岡、金沢・四日市のワークショップも!)
Ameba-own_02.png

ameba-aichan_02.png
アメブロでもワークショップ・講座情報 更新中!




posted by wasai at 23:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする